FC2カウンター
プロフィール

miccko

Author:miccko
娘が生まれ1歳のときから、下の子はお腹にいるときから英語で子育てしています。
(娘が1歳のときに英語サークルを発足。)

シンガポールで地元のpreschoolに通ったことをきっかけに
日本でもinternational preschoolに。
上の子は、公立の小学校に入学。
夏にカナダのサマーキャンプに参加!

幼児英語おすすめ教材
Benesse ワールドワイドキッズ ワールドワイドキッズ 無料おためしDVDプレゼント
●DVDが月1本ずつ届く!
●絵本も教材に含まれている!
●オールイングリッシュ制!


アルクのabc DVDボックス
●オールイングリッシュ制
●歌やチャンツがたっぷり
●低価格で気軽に始められる


ヘンリーおじさんの英語子育てシリーズ
これ何ていうの? この言い方あってる?
そんな疑問を解決してくれるサイト。
ヘンリーおじさんのCDもお勧め♪


えいごであそぼプラネット
NHK教育テレビの「えいごであそぼ」から生まれた幼児英語教育セット教材。
5/31まで最大1万円引きキャンペーン!
「えいごであそぼ」が大好き!という子供たちには絶対おすすめ!


えいごではなそうペッピーキッズ
あいさつ、食事、買物、子どもの日常生活に密着した口語表現中心の英語教材。
オールイングリッシュでない教材をお探しの方にはお勧めです♪
カテゴリ
キッズ教材etc
進研ゼミ
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

エスプリラインジュニア
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公立小学校を選んだ理由

随分間があいてしまいましたが・・・。
みなさん、GWはいかがお過ごしですか。

私はGW前に体調を崩してしまい、そんな中仕事を休めず、旦那は出張中。
そんな理由でGW前半は久しぶりにダラダラと過ごしました。
こんなにゆっくりしたのは本当に久しぶりです

そして、GWは仕事でフラワーセラピー展というものに参加してきました。
皆さんが作った癒しのフラワーアレンジメントの数々。
とても、素晴らしいものだらけでした
お花の癒し効果は素晴らしいですね

さて。
さくらが小学校に通い始めて1ヶ月。
毎日楽しく通っています。
親としてはそれが一番うれしい

まだ1ヶ月ですが、
私としては公立小学校に対して思うこと、今のところ大満足なんです♪
1ヶ月5000円くらいしかかからないのに、きちんと日本語が勉強できて
給食だって出してくれる。
さらに、年間何百円かの保険代だけで18時くらいまで預かってくれるシステム。
本当に助かっています。
入る前は、公立の小学校って賛否両論で、ちょっと心配したこともあったけれど。
今は本当に満足。
まぁ、学費のかからない公立小学校にそもそも期待をしていなかったからと言えば
そうかもしれない。

前置きが長くなってしまったけれど、
今日は、いつも読んで下さっているShortcakeさんからの質問、
”どうして英語が学べる学校ではなくて公立の小学校に入れたのか”という質問にお答えしようと思います。

さくらが日本に帰国したのはおよそ3年前。
プリスクールを必死になって探し、スクール決めてから家を決めるほど英語の世界にはこだわっていました。
そこで、インターに行かせるのかを散々悩み、いっぱいいっぱい悩んで出した結論。
インターに行かせることを諦めてプリスクールの転校。
転校の理由は外遊びが少なすぎるということでした。

ただ、インターに行くなら、プリスクール選びは重要。
名もないプリスクールからインターに入るのはなかなか大変なもの。

インターを諦めた最大の原因はやっぱり費用かな。
学費。
1年に300万かかる学費x2人。
それは、私たちにはとてもきついことでした。
なんとか私が頑張って働いたとしても、余裕のある生活はできない。
まして、インターに行っているのはやはり生活水準の高い子達ばかり。
それに加え、インターに行ったら日本語や日本の文化はどこで学ぶの?
インター+塾&習い事で補っている子や
ママが一生懸命教えている家庭。
いろいろあるけれど、どちらもお金や時間が更に問題になる選択でした。

それでも、英語というよりインターの教育を諦めることは結構辛い決断でした。
何でも一緒でないといけない日本の教育。
個性を伸ばすことや自分の意見をきちんと言える人になるにはインターの教育は素晴らしい。


それが、去年の夏、カナダに行って考え方が変わりました。

子供たちが本当に楽しんでいるのを見て、
現地のお友達と普通に遊べることを見て、
文化の違いを生で感じることができて、
本当にカナダに行ってよかったと、私だけではなくパパも心からそう思ったんです。

IMG_3219.jpg

インターに行く学費に比べたら、毎年サマーキャンプに参加させることは安い!!
私立に行かせることを考えたらサマーキャンプに行ける。
それなら、ただ同然で学べる公立に行かせて、毎年頑張ってサマーキャンプに行かせた方が
みんながHappyになれる!って。

私たちの理想は、”バイリンガル”
外国人のように育つのではなくて、日本人でありながら、意思疎通がきちんとできて、言葉の裏にある文化もしっかり学べること。
バイリンガルとは、言葉だけではなくて文化や習慣も身につけられること。

それには日本語をしっかり話すことや、日本の文化を学ぶことも大切。
子供たちが将来、自分の道を選ぶときにどちらも選べるようになってくれたら。
そう思っています。

先日、ヤングアメリカンズに私が参加したときに
通訳をしてくれたひとりの女性がいました。
日本人でヤングアメリカンとしてアメリカで学んでいる一人の女性。
彼女の通訳は素晴らしい。
それは、彼女が日本語も英語も堪能なだけではなく、
日本の文化や教育を知っていながら向こうの文化や教育を学んだことだと実感しました。

そこから、私の考えはインターに行かせることを諦めたのではなく、
日本の学校に行かせることを選んだということを再確認。

私たちにとっては、
今の段階では正しい決断だったと思っています。

ただ、今でも、
”インターの教育は素晴らしい”と思っているし、
”行かせてあげることが出来たらなんて素敵なんでしょう”とも思います。

でも、私たちにとって、それは今でなくてもいいんです。


今は、公立の小学校に行きながら、
週3日~4日、以前のスクールのアフタープログラム(学童のようなもの)に通い、英語で学んでいます。
月に1度は英語教会に行ったり、来春からはヤングアメリカンズもやる!と意気込んでいます。
日本にいながら異文化交流を維持していくことは難しいけれど、探せばないこともない。

そして、1年に一度のカナダでブラッシュアップ。
”英語が話せるとこんなにも世界が広がる、頑張ろう”というモチベーションをあげていくにもいいかな~と思っています。

人の考え方や教育論は本当に様々。
だから、私はどの家庭の考え方も批判や反対するつもりは全くありません。
あくまでもうちが考える”理想の教育”
それに近いものがこの形なんです。

この1ヶ月でさくらの日本語力はぐーんと伸びました。
幸い先生にも恵まれて、先日あった保護者面談では、いつも楽しそうと褒めてくださいました。
ひらがなではさくらが初めて花丸をもらったそうです。
そのおかげでか、さくらはひらがなや音読のお勉強が大好き。
私が心配していた、1クラス2名のクラスから1クラス34名のクラスに増えたことも予想以上に戸惑っていない様子。
毎日給食もお代わりしているそうです。

随分長くなってしまいましたが、学校選びに迷っている親御さんがいたら、こんな風に公立小学校に大満足している親もいるのだということを少し参考にしてくだされば幸いです

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へbanner2.gif
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

素晴らしい!

日本にいて公立小学校に行く。
我が家の三人息子もそうでした。
今でも、それは正解だったと思ってますよ。
 各家庭其々ですが、それで当たり前。
子供が楽しそうにしていれば、絶対に間違いなし!
素晴らしいです。

Masaeさん

コメントどうもありがとうございますe-51

非公開コメントだったので、取り急ぎ御礼まで。
お返事はメールでさせていただきましたv-22

中西さま

コメントありがとうございますe-68

子供が楽しそうにしていれば、絶対に間違いなし!
の言葉にパワーをいただきました。
ありがとうございますe-2

ブログ拝見させていただきましたが、
素晴らしい!の言葉をそっくりそのままお伝えしたいです!!
というか、何倍も素晴らしいですe-420
非公開コメント

ブログランキング
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ banner2.gif
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ショッピング
iTunes Store(Japan)


DHCオンラインショップ【個人サイト様向け】 ブックオフオンライン

Save the Children
自己啓発
こどもに英語を教えたい!

検索フォーム
FC2
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。